パターは下取りに出すな! パターの下取りに反対の理由。

クラブを買い換えるときによく「下取り」に出しますよね。

下取りに出したほうがその分安く買えますし、使わないクラブを家に溜め込まなくてすみます。

しかしパターに関しては「下取り」はお勧めしません!

 

ケンタロ
ケンタロ

クラブは下取りに出しても良いのになんでパターはやめたほうがいいんですか?

理由はずばり、また使う日がくるからなのです。

 

ケンタロ
ケンタロ

なんでパターはまた使う日がくるんですか?

クラブは希に昔のを引っ張り出して使う人もいますが、ほとんどの人は新しいクラブを使います。

それは新しいクラブが確実に進化していて「飛ぶし曲がらない」ようになっているからなのです。

しかしパターはもちろん進化はしていますがクラブのように「飛ぶ」とか「曲がらない」などのはっきりとした違いはあまり感じない人がほとんどだと思います。

ではなぜパターを買い換えるのでしょうか?

みなさんも心当たりあると思いますが、どんな時にパターの買い替えを考えますか?

ほとんどの人が「パターが入らなかった時」だと思います。

そんな時にふとショップに足を運んでパターを試すと入るパターフィーリングの良いパターに巡り会えたりします。

そしてパターを購入となります。

しかしそのパターもまた入らない時がやってきます。

そして新しいパターをまた探しに行く・・・。

そんな時昔のパターを試してみると「あれ?入る!?」なんて事があります。

パターには様々な形があります。

なぜこんなに様々な形のヘッド、ネック、シャフトのパターがあると思いますか?

それはパターの形状によってヘッドの動き方、球の転がり方、出だし(方向)などが異なるからなのです。

では下取りに出さないでどうすれば良いのか?

パターの上手な活用方法を説明していきましょう。

 

 

 

 

ストックしておく(大切なのは性能を把握しておく)

いつか使うかも知れないから・・・と言われても、ただなんとなくで取っておいても無駄になってしまいます。

ではどんなことに注意してストックしておけば良いのでしょうか?

 

各パターの長所と短所を把握しておく

パターの形状によって性能は異なります。

ヘッドの形状によってもヘッドの動き方や球の転がり方なども変わっていきます。

上記は本の1例ですがゴルフショップなどに行くと様々な形状のパターが多々並んでいます。

パターのヘッド形状の性能を全て書いていたらブログが別に1記事出来てしまうのでここではザックリと説明します。

 

ヘッドがコンパクトな物ほど繊細なタッチが出しやすく繊細な動きがしやすくなります。

しかしコンパクトなヘッドほど真が狭く方向性が悪くなりがちです。

また反対にヘッドが大きなものほど方向性、直進性は良くなります。しかしコンパクトなヘッドとは逆に繊細なタッチが出しにくくなり、距離感が悪くなる傾向があります。

 

ケンタロ
ケンタロ

これではどんな形状がいいのかわからなくなるよ?

一般的にパターでの距離感の出し方は「ストロークの幅」か「打感(タッチ)」で出す人がほとんどだと思います。

そしてパターのミスは大抵の人はラインの読み間違いを除けば「方向性」か「距離感」の間違いになります。

パターの形状によりこれらのミスをカバーしてくれます。

これらのことを踏まえてパターを使用していくと形状による長所と短所を把握出来ます。

 

グリップの長所と短所も把握しておく

ボール先生
ボール先生

グリップの太さや形状にも性能の違いがあるんだよ。

パターグリップにも様々な種類があります。

それぞれ性能が異なります。ではどう異なるのか?

ザックリ説明していきます。

  1. 細いグリップはグリップの肉厚が薄いためタッチを出すのに秀でています、と同時に方向性、直進性にはあまり優れていません
  2. 太いグリップは方向性、直進性には優れているのですがグリップの肉厚が暑いため打感が悪くなりタッチが出しにくくなります

 

 

各ネック形状の長所と短所も把握しておく

パターのつなぎ目の部分にあたる「ネック」と言われる箇所も様々な種類があります。

この様々な形状にも理由があり、性能なども異なります。

事細かく説明していくとキリがないので代表的な形状を紹介していきます。

 

  1. 左のクランクネックと言われる形状は通常のクランクネックならトゥーバランス(パターの先端が下を向きやすい形状)になりやすくなります。この形状はパターのストロークをするときにテークバックでフェースを開き、インパクトからフォローにかけて閉じる動きになりやすくなります。まっすぐ引いてまっすぐフォローを出したい人には不向きになります。
  2. 左から2番目のショートネックと言われる形状はクランクネックに比べてややつかまりが悪くなる傾向があります。なので左に引っ掛けるのを嫌う人や、アドレスでボールの位置をやや左足よりに置く人に適していると言えます。
  3. 左から3番目のベントネックと言われる形状はマレット(ネオマレットも含む)に使われる傾向があります。この形状にマレットパターを合わせることで直進性が増します。真っ直ぐ引いて真っ直ぐストロークしたいという方に最適な形状です。
  4. 右のセンターネックと言われる形状は左に引っ掛けたくない方、アドレスで左足よりにボールを置く方に適しています。またシャフトの真下にスイートスポットがある為に真で打ちやすくなります。しかし気を抜くと右に押し出しやすいため以前はこの形状を難しいという人も多かったです。

 

 

 

リメイクする

各パターの形状による長所と短所を把握したら、その時の悩みやフィーリングに合わせてリメイクしてみるのも良いと思います。

ケンタロ
ケンタロ

でもどうリメイクしたら良いのか素人にはわからないですよ?

ボール先生
ボール先生

そんな時に上記に述べたような各パターのヘッド、ネック、グリップなどの性能を組み合わせるんだよ。

パターの各パーツには長所や短所があります。

これらを理解、把握して自分の悩みと照らし合わせて、リメイクにチャレンジしてみることをお勧めします。

 

グリップを変えてみる

ショートパットが入らないなど方向性に悩んだ時は太めのグリップを試してみると良いでしょう。

逆に距離感で悩んだ時は細めのグリップにしてみるのも良いと思います。

ただしヘッドとの相性もあるので、ヘッドが小さくなっていくほど太めのグリップとは相性が悪くヘッドが大きいほど細めのグリップと相性が悪うなっていきます。

しかしこれはあくまで一般論なのであえて逆を挑戦してみるのもありかと思います。(ちなみにブログ主は失敗しました|д゚)

 

シャフトを変えてみる

シャフトを変えてみるとパターの雰囲気、ヘッドの出方が変わってきます。

重たいシャフトにするとバランスも重たくなり球足が良くなります。

逆に軽くすると球足は悪くなりますが、操作性が良くなります。

しかしこれは自分が使っているパターのシャフト重量を把握しないといけないので、メーカーに問い合わせて知らべるかクラフトマンに相談することをお勧めします。

 

長さを変えてみる

長さを変えると前傾姿勢の角度が変わります。

ケンタロ
ケンタロ

前傾姿勢が変わると何が変わるの?

前傾姿勢が深く(前かがみ)なるとボールとの距離感が近くなるため真でヒットしやすくなり、ショートパットの距離感が良くなります。

逆に前傾姿勢が浅くなると視野が広くなるため距離感が良くなります。

ショートパットで悩んでいる人はシャフトを短くしたり、距離感で悩んでいる人はシャフトを長くしたりしてみても良いでしょう。

ちなみにブログ主は通常のパットとショートパットでグリップの持つ位置を変えて長さを変えています。

 

 

今後に生かしましょう!

最終的にもう一度言います。

パターの下取りはお勧めしません。

説明したとおりパターと言っても各パーツによってここまで性能が異なってきます。

そしてみなさんのパッティングフォームも日々変化していきます。

今日本や世界で活躍している有名プロも、ずーっと同じパターやフォームでいたわけではありません。

ある日本男子プロのツアー担当に聞いたところ、そのプロは家に100本近いパターも所持していると言うことでした。

 

プロもほとんどがメーカーとパター契約しないですからね・・・

なぜって・・・?

プロでもエースパターは存在しない・・・からなんじゃないですか゚(^_^;)?

 

考えようによっては今皆さんが持っているそのパターはみなさんの財産なのかもしれませんね。

中古クラブの査定額はどれくらい?あなたのクラブの買取額がわかる。
自分の持っているクラブを買取、下取りに出すとき一体どれくらいの価格になるのか? 気になりますよね。 そしてどこに出したら高額になるのか?店によって金額は異なるのか? わからないことばかりです。 ケンタロ ...

 

参加しています。

よろしければポチット↓

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村