PING史上最強のMOI値G425ドライバー!その評価は?性能を解説。

「前作を超えないと発売しない!」

PINGが商品を開発している時に掲げている理念。

そのPINGから「G425」シリーズが発売されました。

「G400」「G410]とゴルフ業界のトップを走り続けてきたPINGから発売された「G425」シリーズはどのような進化を遂げたのでしょうか?

今もなお衰えない人気! PING G410シリーズドライバー その理由とは?
2019年爆発的な人気だったG400シリーズの後継として「G410]シリーズがデビューしました。 通常2代連続でヒットするなんていうことはまずないのですが、このG410シリーズは前作を超えるほどの大ヒットを記録!更に発売後半年が過ぎて...

今度のドライバーはどんな特徴があるのでしょうか?

飛ぶのか!?

テストしてみた結果・・・

「曲んねー!!!」

このこの一言に尽きます。

ケンタロ
ケンタロ

毎回進化を続けているPING。

今回も期待大です。

賞金女王を2回獲得した「鈴木愛」プロや全英女子オープン優勝に輝いた「渋野日向子」プロを始め多くの有名プロも使用するPINGの新作「G425」シリーズ。

なんでこんなに曲がんないのか?飛ぶのか?

またまたこんなに人気があるのか?

今回は「G425」シリーズのドライバーを検証してみました。

 G425はPING独自のテクノロジーが満載

新たな「G425ドライバー」は打ってみるとわかるんですが、とにかく更に「曲がらない!」クラブに仕上がっていました。

それは過去のシリーズから継承し更なる進化を遂げたテクノロジーにより「より心地よく」「より曲がらない」そして「さらなる飛び」を実現したからなのです。

その進化したテクノロジーとは・・・?

 

フォージドT9S+フェース

高強度・極薄フォージドフェースだからフェース全体が高反発で高初速になります。

T9S+フェースは特許取得の熱処理で製造するので精度がとても高く、ミスヒットなどによるフェースの捻れの再現性が高く曲がりにくいフェースになっています。

日本製以外のゴルフクラブのフェースは正直打点による初速などのバラつきが多かったのですが、近年のPINGのドライバーはこのフォージドフェーズによりバラつきがとても少なくなりました。

PINGのドライバーが「飛ぶ」という意見が増えたのはこのおかげかもしれません。

 

新タービュレーターにより更にヘッドスピードアップ

前作より更に空気抵抗を抑えた新タービュレーターを搭載。

このタービュレーターにより460ccの大型ヘッドでも、空気抵抗が少なく安定した直進性を実現しました。

一般的な460ccのヘッドに比べて37%も空気抵抗が削減されます。

PINGのドライバーはどちらかといえば幅広いドライバーなのにスイング中にブレることなく、ヘッドスピードを落とさずに振れるのはこのタービュレーターによるものなのです。

 

サウンドリブを採用

日本のドライバーではよく打球感、打球音をよくするために開発をしています。

しかし海外ブランドではこの打球音などはほとんど無視されています。

よく外ブラ(海外のブランド)のクラブを試打すると「打感がなー」という人がいました。

逆に以前外国の人に言われたのが「打感を気にしているのなんて日本人だけだよ」なんて言われたこともありました。

それほど日本人にとって打感(打球音)は大切なものです。(ブログ無視は鈍いんで気にしないんですが・・・)

PINGはこのサウンドリブによって心地よい打球音になりました。

「打感が・・・」と言っていた人にとっては今回はこの問題は解消されると思います。

 

 

進化したウエイト!

PINGのドライバーと言えばこの弾道調節が出来るウエイトが特徴!(SFTは固定になります)

じつはこのウエイトも進化を遂げていたのです。

どのように進化していたのか?

じつは前作(G410)に比べてウエイトが約10g重くなっていたのです。

ケンタロ
ケンタロ

10g重くなると何が変わるんですか?

ボール先生
ボール先生

ウエイトが重くなればそれほど弾道調節の幅が広がるってことなんだよ。

ヘッド後方にあるウエイトが重くなることでより重心深度が深くなり慣性モーメントが大きくなります。

そして重心アングルが大きくなるので弾道の調整幅が広がります。

ヘッド後方部のウエイトが重くなれば、ヘッド体積を大きくしたのと同じ効果が出るのでより直進性が強くなります。

結果今まで以上に曲がりにくいヘッドになったというわけなのです。

更にその重たいウェイトを動かすことで、今まで以上に捕まるヘッドにも捕まらないヘッドにもできるということなのです。

PINGの武器であるフィッティングの幅をより広げることが可能になり、より細かい弾道調整が可能になったのです。

 

 

前回と同じ3タイプのラインナップ(まとめ)

今回も前回と同じ3タイプのラインナップにより構成されています。

  • G425MAX
  • G425SFT
  • G425LST

もう知ってるっていう人も多くいると思いますが各クラブの今回の性能を紹介しておきたいと思います。

 

G425MAXドライバー

ニュートラルな標準なモデル。

特にフックやスライスなどの悩みがなければこのモデルがお勧めです。

ヘッド後方の2個のウェイトにより弾道調節が可能になります。

ただニュートラルといっても一般的には捕まりの良いモデルになります。

よって初心者の人や年配者の人でもシャフトによっては使用可能なモデルになります。

 

G425SFT(STテック)ドライバー

主にスライスに悩んでいる人向けのモデルになります。

SFTのウェイトは固定式なのですが、約25gのウェイトによりネック周りの慣性モーメントが小さくなり、ヘッドの返りがよく球を捕まえやすくなっています。

またヒールのミスに強いモデルになりますので、よりスライサーにとって強い味方になります。

シャフトの組み合わせ次第ではパワーのある初心者などにも強い味方になります。

 

G425LST(LSテック)ドライバー

ヘッド体積が445ccと3タイプの中で唯一小ぶりなタイプになります。

バックスピンが少なくなるモデルなのでパワーヒッター向けのモデルと言えるでしょう。

またインパクトの時にロフトが立って入るような印象で打ち出し角ども低くなる傾向があります。

これにより3タイプで1番捕まりが悪い印象です。フックを嫌う人にも良いでしょう。

 

今回も大人気を誇っているPINGのG425ドライバー。

このクオリティーはさすがといった印象でした。

そしてなにより「曲んねー」!

でも曲んないってドライバーではとても大切なことですよね。

そして曲がんないからこそ飛ぶというのも事実。

スコアアップを目指しているって人は是非試してみてはいかかでしょうか?

期待値は無限ですよね(*゚▽゚*)

 

参加しています。にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村